小粒で食べやすいドッグフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
まずは“お試し”から!
▼▼▼▼



子犬がご飯食べない時は?

愛犬の多くは子犬の頃から飼われ始めますよね。ですが、飼い始めて間もない方や不慣れな方は急に子犬がご飯食べないと不安に感じてしまうものです。成犬になった時の健康を左右するのは子犬の頃の食事とされています。なので、子犬の頃の食事は健康の土台作りには必要不可欠です。ですが、人間でもご飯食べない時があるように子犬にもご飯食べない時があります。そんな時はどうすれば良いのか?原因や対処法をしっかりと覚えておく事で事前に備えておきましょう。そうすれば子犬がご飯食べない時に直面しても慌てずに対処できると思います。

 

子犬がご飯食べない時の原因は主に2つあり、体調不良と反抗期です。ですが、生後3ヶ月頃の子犬を飼い始めた時にご飯を食べなくなったらホームシックの可能性も出てきます。この時期の食事はとても大切ですので獣医さんに相談する事をお勧めします。

 

○体調不良が原因でご飯食べない

 

人間は体調不良の時に自分から体調不良だと言えますが、愛犬は言葉を発する事が出来ないので飼い主さんが気づいてあげないといけません。ですが体調不良でご飯食べない時には、ご飯を食べなくなる以外の症状が一緒に現れることが多いです。その症状は下痢だったり嘔吐だったりと様々ですが、普段と様子が違う場合には体調不良の可能性があるので自己判断で様子を見るよりも早めに獣医さんに診てもらいましょう。

 

体調不良の原因はストレス・お腹の中に虫が居る・感染症など様々ですが、正確な原因が分かるのは獣医さんなので自己判断で決め付けてしまうのは危険です。

 

○反抗期によってご飯食べない

 

人間の子供に反抗期があるように、子犬にも反抗期があるんですよね。子犬の反抗期は大体生後6ヶ月頃から始まります。何故ならこの頃から主従関係を意識するようになるからです。この頃はまだ飼い主の事を主としてみていないので、自分の言う事を貴方に従わせようとします。なのでご飯を食べなくなったりオシッコの失敗が突然増えるようになります。

 

そして反抗期の時に多くの飼い主さんがやってまいがちな事が1つあります。それは、ご飯食べないからといって頻繁にドッグフードを変える・おやつを多く与える・トッピングとして缶詰をプラスする・人間の食べ物を与えるなどの行為です。これらの行為を反抗期の時期にやってしまうと、飼い主は主ではなく徒と区別されるようになります。なので反抗期の時期にしっかりと主従関係を教えてあげましょう。主従関係は信頼や安心感にも繋がってくるので、貴方が主だと教えるのはとても大切です。

 

反抗期によってご飯食べない場合には、食事を与えてから10分前後で片付けてしまう事が有効とされています。食事は出された時に食べないと食べれないと認識させましょう。

 

子犬がご飯食べない理由は体調不良や反抗期が主な原因ですが、稀に誤飲した場合にもご飯を食べなくなる事があります。誤飲した時には必ず異常が見られるので、直ぐに病院へ連れて行く必要があります!

関連ページ

トイプードルの病気の種類や症状そして対処法をお伝えします!
トイプードルはどのような病気にかかりやすいのか?飼い主としては気になりますよね。そこで今回はトイプードルの病気の種類や症状そして対処法も一緒に紹介していきますので是非参考にして下さい!
トイプードルの子犬のしつけは性格に合わせて行いましょう!
トイプードルが来た日には可愛いからと構ってしまいたい気持ちも分かりますが、きちんとしつけを行う事も飼い主の役目です。今回はトイプードルのしつけ方について紹介しますね!
チワワが餌を食べなくなった理由は主に4つあるのでお伝えします!
チワワを飼っている飼い主さんは高い確立で、チワワが餌を食べなくなるという場面に直面し悩まれています。では何故チワワが餌を食べなくなるのか?その理由を今回は紹介しますね!
子犬のご飯の与え方について調べたのでまとめて紹介します!
基本的には生後1年までが子犬とされています。子犬の時期は成犬の役2倍の栄養が必要とされているので、ご飯には気をつけておきたいですよね。今回は1年までのご飯の与え方を紹介しますね!