小粒で食べやすいドッグフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
まずは“お試し”から!
▼▼▼▼



子犬のご飯の与え方!

○生後6週までのご飯

 

生後6週までは授乳期です。親と一緒にいる場合は母乳を与えますが、親と離れている場合には代用乳を与えます。

 

○生後7週〜3ヶ月までのご飯

 

生後7週〜3ヶ月までは離乳食期です。犬用の離乳食かお湯でふやかした子犬用のドッグフードを与えます。1日に与える回数は3回か4回です。この頃から飼われ始めた場合、環境に慣れるまでは以前に与えられていたご飯と同じものを与えてください。環境に慣れてきたら少しずつ新しいご飯を混ぜていき、ご飯を切り替えていきましょう。注意してほしいのは食器を綺麗に保つことです。毎回綺麗に洗った食器を使いましょう。

 

○3ヶ月後半〜6ヶ月までのご飯

 

基本的に与えるのはお湯でふやかしていないドライフードです。ですが、急に切り替えるのは止めて下さい。ご飯の切り替えは少しずつ行いましょう。急に食事を切り替えると嘔吐や下痢などの症状を引き起こす場合があります。初めは離乳食期に与えていたご飯に少しずつ新しいご飯を混ぜて与えますが、様子を見ながら分量を変えていって下さい。1日の与える回数は離乳食期同様3回か4回です。

 

この頃に注意してほしい事は、2つあります。1つはドライフードの与えすぎです。与えすぎるとドライフードで遊んだり完食する前に何処かへ移動してしまいます。2つめはドライフードを使い切る目安です。開封後1ヶ月以内には使い切りましょう。

 

○6ヶ月後半〜1歳までのご飯

 

与えるご飯はドライフードのままですが、ここから1日に与える回数を減らします。1日2回にしましょう。今までは成長するスピードが早かったのですが、サイズが成犬に近づくにつれて成長のスピードも緩まります。成長スピードが緩まると食欲も必然的に落ちてきます。この時期にご飯を与える回数を減らしておかないと、下痢や嘔吐だけでなく肥満の原因になってしまいます。

 

上記が子犬の頃のご飯と与え方になります。子犬の時期が1年と早いですが、この1年は今後健康でいられるか大きく左右するので、きちんと栄養のあるご飯を与えて下さい。今回は小型犬と中型犬を中心に紹介しているので大型犬の場合は内容が少し違ってきます。なので、大型犬を飼っている飼い主さんはこの内容を鵜呑みにしないで下さい。

 

最後に子犬の頃のおやつについてですが、生後12週までは絶対に与えないで下さい。消化器官が十分に発達していない段階でおやつを与えてしまうと、何らかのトラブルを引き起こす可能性が高くなります。おやつは欲しがるから与えるのではなく、しつけの時のご褒美として与えてください。くれぐれも与えすぎには注意して下さいね。そして、慣れるまではおやつは一種類にして下さい。おやつを何種類も与えていると、その中に合わないおやつがあった場合に見つける事が難しくなります。

 

子犬の時期は栄養バランスの良い食事を成長段階に合った与え方をし、しつけのご褒美として少量のおやつを与えるようにしましょう!もし、異変があった場合には早めに病院へ連れて行ってくださいね。

関連ページ

トイプードルの病気の種類や症状そして対処法をお伝えします!
トイプードルはどのような病気にかかりやすいのか?飼い主としては気になりますよね。そこで今回はトイプードルの病気の種類や症状そして対処法も一緒に紹介していきますので是非参考にして下さい!
子犬がご飯食べない原因と覚えておきたい対処法をお伝えします!
子犬の頃は健康の土台を作る為にも、しっかりとご飯を食べさせたいですよね。そこで、子犬がご飯食べない時の原因や覚えていてほしい対処法をお伝えするので、ご飯食べない時の為に知識の1つとして覚えておいて下さい!
トイプードルの子犬のしつけは性格に合わせて行いましょう!
トイプードルが来た日には可愛いからと構ってしまいたい気持ちも分かりますが、きちんとしつけを行う事も飼い主の役目です。今回はトイプードルのしつけ方について紹介しますね!
チワワが餌を食べなくなった理由は主に4つあるのでお伝えします!
チワワを飼っている飼い主さんは高い確立で、チワワが餌を食べなくなるという場面に直面し悩まれています。では何故チワワが餌を食べなくなるのか?その理由を今回は紹介しますね!