小粒で食べやすいドッグフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
まずは“お試し”から!
▼▼▼▼



トイプードルの病気とは?

○プードルなどの小型犬に多く見られる「涙やけ」

 

犬の涙は通常、涙管を通して鼻に流れてきますが何らかの原因で涙管が詰まると常に涙が目から溢れてしまいます。涙やけになると目の周りの毛は赤茶色っぽく変色するので、比較的見つけやすい病気となります。対処法としてはドッグフードを無添加のモノに変えたり、ほうさん水(5%)でこまめに拭いてあげましょう。この方法で涙やけが改善できた子も多くいます。

 

○トイプードルに多い「パテラ(膝蓋骨脱臼)」

 

後ろ足の膝蓋骨は通常、膝関節の中央にあります。ですが、膝蓋骨が正常な位置からずれてしまう事を膝蓋骨脱臼と言います。小型犬であるトイプードルは内側にずれる内方脱臼が多いとされています。膝蓋骨脱臼は先天性と後天性がありますが、トイプードルの足の骨の構造が脱臼しやすい作りになっているので、小型犬の中でも特にトイプドールがなりやすいとされています。対処法は、パピーの頃からよく運動をさせ筋肉をつけ、肥満には特に注意する必要があります。膝蓋骨脱臼は肥満から発症する場合もあるので適正な体重をきちんとキープしましょう。そして足が滑らないように足元の環境作りも怠らないでください。少しでも足に異変を感じた場合には早めに獣医さんの診察を受けましょう。

 

○耳の垂れている犬種の持病でもある「外耳炎」

 

外耳道が汚れる事により、酵母菌や細菌が繁殖して炎症を起こしている状態の事を外耳炎と言います。首を振る・耳をよく?いている・耳から異臭がするなどの症状は外耳炎になっている可能性が高いです。犬は耳の中にも毛が生えているので耳が垂れている場合、湿気の多い梅雨や夏場は特に注意が必要です。対処法としては、定期的な耳の掃除をしながらチェックをする事です。
異常を感じた場合にはやはり獣医さんに診てもらいましょう。何の菌が繁殖しているのか分かるので合った薬を処方してもらえます。

 

○成長期によくみられる「レッグペルテス」

 

大腿骨頭への血行が阻害されることで骨頭が壊死してしまう事をレッグペルテスと言います。原因は解明されていませんが、遺伝が関係している可能性もあると言われています。痛がったり座り方があぐらのように座るようになります。そして歩くことも嫌がるようになるので、少しでもそのような仕草を見せたら直ぐに獣医さんに診察してもらいましょう。レッグペルテスは外科的手術が必要になるので、早期発見が望ましいです。

 

この他にもトイプードルがなりやすい病気として不正咬合・乳歯残留症・突発性てんかん・進行性網膜萎縮症(PRA)・停留睾丸・膀胱炎が挙げられます。必ずしも飼っているトイプードルがこの様な病気にかかるわけではありません。ですが、犬種によってかかりやすい病気の要素は持っています。なので、飼い主として普段から愛犬の様子を見て、すこしでも異常がある場合には早めに受診しましょう。病気の発見が早ければ早いほど愛犬への負担や回復にかかる時間も変わってきます!

関連ページ

子犬がご飯食べない原因と覚えておきたい対処法をお伝えします!
子犬の頃は健康の土台を作る為にも、しっかりとご飯を食べさせたいですよね。そこで、子犬がご飯食べない時の原因や覚えていてほしい対処法をお伝えするので、ご飯食べない時の為に知識の1つとして覚えておいて下さい!
トイプードルの子犬のしつけは性格に合わせて行いましょう!
トイプードルが来た日には可愛いからと構ってしまいたい気持ちも分かりますが、きちんとしつけを行う事も飼い主の役目です。今回はトイプードルのしつけ方について紹介しますね!
チワワが餌を食べなくなった理由は主に4つあるのでお伝えします!
チワワを飼っている飼い主さんは高い確立で、チワワが餌を食べなくなるという場面に直面し悩まれています。では何故チワワが餌を食べなくなるのか?その理由を今回は紹介しますね!
子犬のご飯の与え方について調べたのでまとめて紹介します!
基本的には生後1年までが子犬とされています。子犬の時期は成犬の役2倍の栄養が必要とされているので、ご飯には気をつけておきたいですよね。今回は1年までのご飯の与え方を紹介しますね!